トリコになったわたし

私が初めてスキューバダイビングというものを経験したのは18歳、大学一年生の夏でした。

当時付き合っていた彼と体験ダイビングをしたときのことは今でも鮮明に覚えています。詳しいスポットは今となっては忘れてしまいましたが、とても透明度が高く、たった数メートル潜るだけでも色鮮やかな熱帯魚がそこら中にいて感動したのを覚えています。もちろんはじめは恐怖心もありましたが、インストラクターの方もとても親切な方でしたので落ち着いて潜ることができました。

それから6年が経ち私は今24歳になりました。

shutterstock_278200874

はじめての沖縄旅行から、私は沖縄にはまり一人でよく遊びに行くようになりました。2回目の旅行では初心者向けのダイビングライセンスも取得し、今ではアドバンスコースのライセンスも取得しています。

沖縄にはダイビングができるスポットがたくさんあり、スポットによっては観察できる魚の種類も異なっているので、それはまたそれで味が深いです。

海の中にいる時、私が一番心地よく感じるのは呼吸を感じられ、生きているという実感ができることです。

普段暮らしている日常の中でみなさんはどれくらい今自分が生きているという実感ができるでしょうか?もちろん人それぞれ違いはあると思いますが、少なくとも私は社会人になって毎日を忙しく送っている中で、そのように思える瞬間というのが全くありませんでした。

shutterstock_315327671

それが不思議なことに海の中では自分の身体の声を聴いてあげられるような感覚になり、とてもリラックスできるのです。もちろん綺麗な珊瑚礁やお魚やウミガメに出会うのとダイビングの醍醐味ですが、それ以上に自然とのコミュニケーションのようなものを感じることができます。

また、私のおすすめのスポットはやはり慶良間諸島です。

まず透明度がとても高く、今まで慶良間では4.5回(本数ではありません。)潜りましたが、必ずと言っていいほどウミガメに遭遇します。一度座間味島でスノーケルをした際にはスノーケルでも見ることができました。センスの良いインストラクターの方ですと、小さなサメを見つけて下さったり、クマノミはもちろん他にも様々な面白い海洋生物を見つけることができます。ちなみに私は個人的にフナムシが大好きです。

沖縄は基本的に年中暖かいのでシーズンが過ぎてしまってもウェットスーツを着れば潜れるのも魅力だと思います。一度ライセンスを取れば年齢を重ねても続けられる趣味なのでスキューバダイビングはとてもおすすめします。是非体験した事のない方は挑戦してみてください。